「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






書籍「原子力災害の公衆衛生」英語版発行のお知らせ

2016年10月17日

本学医学部公衆衛生学講座教授で、県民健康調査担当の理事補佐である安村誠司教授が編者を務め、2011年3月11日から1000日にわたる県内の公衆衛生に関する取り組みを記録した書籍「原子力災害の公衆衛生 -福島からの発信-」がこのほど、加筆のうえ英語の書籍「Public Health in a Nuclear Disaster -Message from Fukushima-」として発行されました。

本書日本語版の発行は2014年1月。「決して起こって欲しくはない次の事故への対応として生かしてもらう」ことを目的に企画された書籍です。東日本大震災と原発事故への対応を通じて、公衆衛生の現場で何が起き、担当者として何を感じたかついて、次世代に伝えるべき事実や教訓を、県内の行政、市町村の公衆衛生担当者、各種職能団体等が分担して執筆をしています。
今回、英語版の発行にあたって、2011年3月12日以降、延べ1300人以上の医師・技師・看護師等の教職員を福島県に派遣し、福島の災害復興を多面的に支援してきた広島大学の活動と、福島への支援を契機に生まれた新たな人材育成の取り組みなどついての解説を収録しています。広島大学の活動については、広島大学副学長で、本学において放射線医学県民健康管理センター副センター長を務める神谷研二・本学副学長が編集を担当しました。

英語版は8月23日に広島大学出版会より発行されました。今後、図書館向け電子書籍サービスとしての英語電子書籍も発売される予定です。

●英語版の概要

Title: Public Health in a Nuclear Disaster -Message from Fukushima-
Edited by: Seiji Yasumura and Kenji Kamiya
Published by: Hiroshima University Press
Contents: ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄
Chapter 1► What Nuclear Disaster Means
Chapter 2► Initiatives of Public Administrations
Chapter 3► Situation of and Countermeasures by Each Individual Municipality
Chapter 4► Activities of Various Professional Organizations
Chapter 5► Measures taken by Hiroshima University
Chapter 6► Suggestions --Toward the Future--
┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄
Paperback: ISBN:978-4903068374 JPY5724
eBook(図書館向け電子書籍サービス;Going to be Published): ISBN:978-4903068381




●«ご参考»日本語版 ※ 英語版Chapter5(広島大学の活動について)の内容は未収録です


書籍名: 原子力災害の公衆衛生 福島からの発信-
ISBN: 978-4525181413
著者: 安村誠司
出版社: 南山堂
目次: ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄
第1章► 原子力災害とは
第2章► 行政の取り組み
第3章► 各市町村の状況と対策
第4章► 各種職能団体の活動
第5章► 提言~これからに向けて~
┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄
価格: 5000円+税