「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






たかが血圧? されど血圧!

「この間、上の血圧が150を超えちゃってねぇ」「私なんか下が高くて…」。

井戸端会議や飲み会の“不健康自慢”で、とりわけ話題になることが多いのが高血圧ではないでしょうか。何しろ、高血圧は日本人の大人の5人に2人(約4300万人)がかかる“国民病”。男性の50歳以上、女性の60歳以上では、6割以上が高血圧なのです(下図)。

しかし、自覚症状がないため「年を取ればみんな高血圧になるらしいから」なとど、高血圧を甘く見ていませんか。高血圧を放っておくと高い確率で脳血障害や心臓病、腎障害などを引き起こし、やがてこれらの合併症がもとで死に至る危険が増します。実際、血圧のコントロールがよくない福島県は、心筋梗塞の死亡率が全国1位。脳卒中で亡くなる方の割合も全国8位です(2014年調査)。

心筋梗塞や脳卒中は、命を取り留めることができたとしても、日常生活に大きく支障を来たす場合がある怖い病気です。事実、脳卒中は要介護になる原因のトップ。ご家族にも大きな負担をかける可能性があります。

せっかく健診で高血圧を指摘されても、受診しない人が約半数いて大きな問題です。生活習慣を改め、必要に応じてお薬を内服すれば、これらの合併症の多くは予防できます。血圧管理は、自覚症状がないだけに続けることは大変ですが、健康を管理する上でとても重要です。 「たかが」ではなく、「されど」血圧。このシリーズでは、血圧の豆知識をお伝えしていきます。血圧に関心を持ち、日々の健康管理を実り多いものにしていきましょう。

日本人の高血圧の割合

日本人の高血圧の割合(高血圧の有病率、2010年調査)
収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上、もしくは、降圧薬服用中の人の割合。
※年齢が上がるほど、高血圧の人の割合が増えています。
参考)高血圧治療ガイドライン2014、NIPPON DATA2010、平成26年人口動態統計平成25国民生活基礎調査