「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成28年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査
こころの健康度・生活習慣に関する調査


血圧の「圧」ってどんな圧力?

血圧は、高くなるほど脳卒中や心臓病、腎障害などの合併症を引き起こす可能性が高くなります。そもそも、血圧とはどのような圧なのでしょうか。また、血圧の単位を表す「mmHg」とは、どのような意味なのでしょう。

「血圧」は血液が血管の壁を押す力

心臓はポンプのように収縮と拡張を繰り返し、血液を体内へ送り出しています(下図)。
心臓から送り出された血液が血管の壁を押す力が「血圧」です。

血液は心臓を出て、全身をめぐり、再び心臓に戻ってきます(循環)

※血液は心臓を出て、全身をめぐり、再び心臓に戻ってきます(循環)
血液は、動脈を通って全身に酸素や栄養分を運び、静脈を通って老廃物などを回収し、再び心臓に戻ってきます。

「血圧」はどのくらいの圧力?

血圧の単位はmmHg(ミリメートル・エイチ・ジー、またはミリ水銀)と読みます。Hgは水銀を示す記号です。例えば、血圧160mmHgは「水銀を160mm押し上げる力」で血管を押しているということになります。血液と水銀の比重の違い(血液約1.05、水銀13.6)で計算すると、血液なら約2mの高さまで吹き上げる力になります。

脈拍数が1分間に70回程度の場合、心臓は一日で約10万回血液を送り出しています。つまり、血管は血液を2m吹き上げるほどの圧力を1日10万回受けていることになるのです。これほどの高い圧力にあまりに長くさらされ続けると、やがて血管は傷つき壊れてゆきます。それが動脈硬化なのです。

※血圧は、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)と、血管の硬さ(血管抵抗)で決まります。
心拍出量も血管抵抗も大きくなれば血圧は上がり、いずれかが小さくなれば、血圧は下がるという関係です。