「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成29年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査


福島第一原発事故後の避難生活は多血症の原因となる~福島県県民健康調査~ Life as an evacuee after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident is a cause of polycythemia: The Fukushima Health Management Survey

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
坂井晃1,11,12
【共同著者】
大平哲也2,11,12、細矢光亮3,11,12、大津留晶4,11,12、佐藤博亮5,11,12川崎幸彦5,11,12 鈴木均6,11,12高橋敦史7,11,12、小橋元8小笹晃太郎9 安村誠司10,11,12山下俊一11,12,13、神谷研二11,12,14、阿部正文11,12福島県民健康管理調査グループ
1 福島県立医科大学放射線生命科学講座、2 福島県立医科大学疫学講座、3 福島県立医科大学小児科学講座、4 福島県立医科大学放射線健康管理学講座、5 福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座、6 福島県立医科大学循環器・血液内科学講座、7 福島県立医科大学消化器・リウマチ膠原病内科学講座、8 放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター 医療情報室、9 放射線影響研究所疫学部、10 福島県立医科大学公衆衛生学講座、11 福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター、12 福島県立医科大学、13 長崎大学原爆後障害研究所、14 広島大学原爆放射線医科学研究所分子発がん制御研究分野
掲載「BMC Public Health」(2014, 14:1318 doi:10.1186/1471-2458-14-1318)
関連リンクhttp://www.biomedcentral.com/1471-2458/14/1318

東日本大震災による原発事故で避難対象となった13市町村の住民で、震災後2011年から2012年の健診を受けた40〜90歳の住民の中で、震災前2008年〜2010年の末梢血液検査データのある住民を対象とした。過去に血液疾患の治療のある方や腎透析中の方は除外した10,718人を対象とし、内訳は避難者7,446人(年齢中央値 66.3歳)、非避難者3,272人(年齢中央値69.8歳)であった。

赤血球数 (RBC)、ヘモグロブン (Hb)、ヘマトクロット (Ht)それぞれにおいて、男女とも避難住民において有意に増加しており、これらは年齢、性別、喫煙や飲酒、肥満の有無、さらに震災前のHb値によって調整しても有意に増加していた。さらに多血症の基準を満たす住民は、喫煙や肥満の有無で調整後も避難住民において有意に増加していた。

この研究は避難生活が多血症の原因となることを示したものであり、今後の福島県民の健康管理に重要な情報である。