「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






第5章 東日本大震災:津波と放射線災害 The Great East Japan Earthquake: Tsunami and Nuclear Disaster

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
福島県立医科大学医学部災害こころの医学講座:前田正治
【共同著者】
久留米大学医学部神経精神医学講座:大江美佐里
掲載「Traumatic Stress and Long-Term Recovery」(2015)

本論文は、昨年Springer社から刊行された"Traumatic Stress and Long-Term Recovery: Coping with Disaster and Other Negative Life Events"「 (邦題)トラウマ性ストレスと長期回復:災害および人生の否定的出来事への対処」Cherry, Katie E.編の中の1章で、福島の第一原発事故による心理的影響および宮城県などの津波被害を対比させながら述べています。福島の原発事故の影響は、心理的影響が非常に広範囲におよび、トラウマ症状のみならずコミュニティや家族の分断、スティグマといった慢性的でより複雑な社会的問題を引き起こしていることが最も大きな特徴で、これらは他の自然災害にはあまり認められないことだと考えられます。他の自然災害に比べると、より長期的なケアが求められるので、復興支援者への支援もまた重要となります。