「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成28年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査
こころの健康度・生活習慣に関する調査


震災後避難がメタボリックシンドロームに及ぼす影響について Influence of Post-disaster Evacuation on incidence of Metabolic Syndrome

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
橋本重厚1
【共同著者】
永井雅人1,2、福間真悟3,4、大平哲也1,2、細矢光亮1,5、安村誠司1,6
佐藤博亮1,7、鈴木均1,8、坂井晃1,9、大津留晶1,10、川崎幸彦1,5
高橋敦史1,11、小笹晃太郎12、小橋元13、神谷研二1,14、山下俊一1,15
福原俊一3,4、大戸斉1、阿部正文1、福島県民健康調査グループ
1 福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター、2 福島県立医科大学医学部疫学講座、3 京都大学大学院医学研究科医療疫学分野、4 福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター、5 福島県立医科大学医学部小児科学講座、6 福島県立医科大学医学部公衆衛生学講座、7 福島県立医科大学医学部腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座、8 福島県立医科大学医学部循環器・血液内科学講座、9 福島県立医科大学医学部放射線生命科学講座、10 福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座、11 福島県立医科大学医学部消化器・リウマチ膠原病内科学講座、12 放射線影響研究所疫学部、13 獨協医科大学公衆衛生学講座、14 広島大学原爆放射線医科学研究所、15 長崎大学原爆後障害医療研究所
掲載「Journal of Atherosclerosisand Thrombosis」(2016)

【目的】
東日本大震災後、福島第一原子力発電所の近くに住む16万人を超える住民は、原発事故による避難を余儀なくされました。これらの避難者における健康問題は、以来大きな問題となっています。我々は、福島県民における、避難とメタボリックシンドローム(METS)の発生率との関連を調べました。

【方法】
私たちは災害時に福島にいてMETS ではなかった40~74歳の県民に対しコホート調査を行いました。災害前に試験対象基準を満たしていた20,269人の県民のうち8, 547人(男性3,697人、女性4,850人;フォローアップの割合:42.2%)に対し災害後から2013年3月末までのフォローアップ検査を実施しました。主要転機は日本の委員会がガイドラインで定義したMETSの発生率で、震災前後の定期健康診断のデータを使用しました。避難の有無により、参加者を避難および非避難グループに分け、結果を比較しました。ロジスティック回帰モデルを使用して、潜在的交絡因子、年齢、性別、ウエスト周囲径、運動習慣、およびアルコール摂取で調整し、METS発生のオッズ比を推定しました。

【結果】
METSの発生率は、避難者では男性19.2%、女性6.6%、非避難者では男性11.0%、女性4.6%と、男女とも避難者では非避難者に比べて高い値でした。避難者は非避難者に比べ、震災後に肥満度指数、ウエスト周囲径、中性脂肪、および空腹時血糖値が高くなっていました。我々は、避難とMETSの発生率(調整オッズ比1.72、95% 信頼区間;1.46~2.02)の間に有意な関連性を見出しました。

【結論】
これは災害後の避難と、METSの発生率増加の関連を実証した初めての研究です。