「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成28年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査
こころの健康度・生活習慣に関する調査


福島第一原発事故後の避難生活が肝機能に及ぼした影響 Effect of evacuation on liver function after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: The Fukushima Health Management Survey.

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
高橋敦史1,2
【共同著者】
大平哲也1,3、細矢光亮1,4、安村誠司1,5、永井雅人1,3、大平弘正2、橋本重厚1,6、 佐藤博亮1,6、坂井晃1,7、大津留晶1,8、川崎幸彦1,4、鈴木均1,9、小橋元10、 小笹晃太郎11、山下俊一1,12、神谷研二1,13、阿部正文1、福島県民健康調査グループ
1 福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター、2 福島県立医科大学医学部消化器内科学講座、3 福島県立医科大学医学部疫学講座、4 福島県立医科大学医学部小児科学講座、5 福島県立医科大学医学部公衆衛生学講座、6 福島県立医科大学医学部腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座、7 福島県立医科大学放射線生命科学講座、8 福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座、 9 福島県立医科大学医学部循環器・血液内科学講座、10 獨協医科大学公衆衛生学講座、11 放射線影響研究所疫学部、12 長崎大学原爆後障害医療研究所 13 広島大学原爆放射線医科学研究所
掲載「Journal of Epidemiology」(2017)

【目的】
東日本大震災と福島第一原発事故は、地域住民の日常生活を避難生活へと大きく変化させました。我々は避難生活の肝機能への影響を調べるため、災害前後の肝機能の変化を分析しました。

【方法】
避難区域13市町村の地域住民の方のうち、2008年から2010年の間に特定健診・後期高齢者健診を受診された男女2万7486人を対象としました。対象者のうち、震災後の2011年6月から2013年3月までの間に再度健診を受診された方を解析対象者として、震災前後の肝障害の割合を飲酒の状況で分類して比較しました。

【結果】
震災後、総数2万6006人の受診者(男性1万1715人および女性1万4291人)が、平均1.6年の追跡調査を受けました。肝障害の割合は全体で震災前16.4%から震災後19.2%へ有意に増加しており、非飲酒・飲酒量別でも同様に増加していました。さらに、肝障害の増加の割合が、非避難者に比べ避難者で有意に高いことも確認されました。震災後の新たな肝障害リスクを検討したところ、非避難者に比べて避難者が新たに肝障害を示すリスクは、非飲酒者で1.38倍、軽度飲酒者で1.43倍、中等度以上の飲酒者で1.24倍でした。

【結論】
避難生活が、飲酒状況に関係なく肝障害に関連することが明らかになりました。