「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






東日本大震災と福島第一原発事故後のこどものメンタルヘルス Mental Health Status of Children After the Great East Japan Earthquake and Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
増子博文1
【共同著者】
矢部博興1、前田正治1、板垣俊太郎1、國井泰人1、志賀哲也1
三浦至1、鈴木友理子2、安村誠司1、岩佐一1、丹羽真一1
大津留晶1、阿部正文1
1 福島県立医科大学、2 国立精神・神経医療研究センター
掲載「Asia Pacific Journal of Public Health」(2017)

2011年3月11日の東日本大震災後の福島第一原発事故は、こどものメンタルヘルスに影響を与えた可能性があるかもしれません。

メンタルヘルスを評価する目的で、われわれは避難区域の4-15歳の1万5274人対象にSDQ(子どもの強さと困難さアンケート)を施行しました。

メンタルヘルスについて医療的関与を要するとされているSDQ16点以上の児の割合をみると、4-6歳で25.0%、7-12歳で22.0%、13-15歳で16.3%でした。これは、本邦の被災していない地域における値(9.5%)に比較して高い値でした。報道された環境放射線レベルとSDQ16点以上の児の割合の間に統計的に有意な相関関係は認められませんでした。