「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成29年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査
こころの健康度・生活習慣に関する調査


原発事故後の超音波検査で発見された若年者の甲状腺がんの成長パターンの解析(福島県民健康調査から) Comparative Analysis of the Growth Pattern of Thyroid Cancer in Young Patients Screened by Ultrasonography in Japan After a Nuclear Accident: The Fukushima Health Management Survey

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
緑川早苗1,2
【共同著者】
大津留晶1,2、村上道夫2,3、高橋秀人2,4、鈴木悟2、松塚崇2,5
志村浩己2,6、大平哲也2,7、鈴木眞一8、安村誠司2,9、山下俊一2,10
大戸斉2、谷川攻一2、神谷研二2,11
1 福島県立医科大学医学部放射線健康管理学講座、2 福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター、3 福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座、4 国立保健医療科学院、5 福島県立医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座、6 福島県立医科大学医学部臨床検査医学講座、7 福島県立医科大学医学部疫学講座、8 福島県立医科大学医学部甲状腺内分泌学講座、9 福島県立医科大学医学部公衆衛生学講座、10 長崎大学原爆後障害医療研究所、11 広島大学原爆放射線医科学研究所
掲載「JAMA Otolaryngol Head Neck Surgery」(2017)

甲状腺がんは成人ではゆっくり成長するため、甲状腺がんの過剰診断は世界的な課題となっています。現在まで、若年者で早期の甲状腺がんをスクリーニングすることはあまり行われていません。過剰診断を防ぐためには、超音波で発見された若年者の甲状腺がんの自然史を理解することが重要です。

先行検査の細胞診で診断された甲状腺がん(もしくはがん疑い)の一次検査と二次検査での直径を測定し、10%以上増大した群、10%以上縮小した群、10%以内の変化にとどまった群の3群に分けて、その臨床背景を比較しました。また甲状腺がんが直線的に成長するモデルと、成長が途中で停止するモデルのどちらに当てはまるかを検討しました。

平均観察期間は6ヶ月。腫瘍が増大した群と、縮小した群、変化がなかった群で、年齢、性別、腫瘍径、観察期間、血液検査の指標に有意な差はありませんでした。モデル解析では腫瘍の体積は観察期間に応じて増大しておらず、腫瘍の成長速度は一次検査の腫瘍が小さいもののほうが早いことが明らかとなりました。

これらの解析結果から、若年者の甲状腺がんは初期に成長する時期の後に成長が停止するパターンを取ることが想定されました。甲状腺超音波検査は、若年者の多くで成長が停止する甲状腺がんを発見する可能性があります。診断後の患者さんの長い人生を考えた時、過剰診断を抑制するためには、低リスクがんが疑われた場合、すぐに診断をせず長期間注意深く経過を観察して判断していくことが必要であると考えられました。