日本における甲状腺片葉欠失バリアントの頻度とその特色:福島県県民健康調査から

著者【筆頭著者、連絡・責任著者】
放射線医学県民健康管理センター:鈴木悟
【共同著者】
放射線医学県民健康管理センター:
 緑川早苗、松塚崇、志村浩己、髙橋秀人、大平哲也、大津留晶、阿部正文、
 鈴木眞一、山下俊一
医学部臨床検査学講座:伊藤祐子
掲載「Thyroid 」(2017)

【緒言】
甲状腺片葉欠失バリアント(以下片葉バリアント)は特に無症状で、甲状腺の片葉が欠失するまれな先天的バリエーションです。臨床的症状や所見がないため、甲状腺や、耳鼻咽喉学的疾患、あるいは頸部に関連する疾患として、超音波検査施行時に偶然見つかります。片葉バリアントの最初の報告は1866年、ハンドフィールド・ジョーンズによるものです。 系統的な甲状腺超音波による健常小児の片葉バリアントの頻度は、最初にベルギーで0.2%と報告されました。今回超音波を用い片葉バリアントの頻度を算出し、日本における特色を紹介します。

【対象】
福島県県民健康調査「甲状腺検査」で平成23年10月〜平成27年4月まで行われた先行検査における震災時0-18歳の男女29万2,200例。

【結果】
片葉バリアントの割合は全体で0.022%(67名)でした。そのうち左葉のバリアント(55名)が右葉のバリアント(12名)より有意に多いことが分かりました (p<0.001)。左葉のバリアントには性差を認めませんでしたが、右葉のバリアントは女性で有意に多いことが分かりました (p=0.018)。体表面積で補正した甲状腺の大きさは、片葉バリアントの症例で存在する片葉としては、両葉保有者の同側片葉よりも有意に大きいことが分かりました (p<0.001)。

【結論】
片葉バリアントの割合は、他国の報告(0.02-0.25%)とほぼ同等か低い頻度となりました。全体では男女差はありませんでした。両葉とも反対側が代償的に大きくなっていました。これらの知見は、これからの小児甲状腺診療の一助になると考えられます。