「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






なぜ、流産や死産をした人にまで調査票が送られてくるのですか?

まず最初に、辛い御経験をお持ちの方にこの調査票が届きましたことで、ご本人様やご家族に御心痛をおかけいたしましたことに対しまして心からお詫び申し上げます。

東日本大震災後、多くの不安の声を耳にし、今もなお不安を抱えていらっしゃる方も多い中、微力ではございますが、妊産婦の方御自身やそのお子様の健康管理、ご心配ごとの軽減へのお手伝いをさせていただければと思い、本調査を行っております。

本調査は、福島県立医科大学が福島県の委託を受け、対象期間内に母子健康手帳が交付された皆様を対象としております。様々な妊娠経過をたどられた方々がいらっしゃることは承知しておりますが、全ての方々を対象とすることで、皆様の身体と心の健康を見守るとともに、皆様の状況を知ることにより、今後、少しでも安心して福島県で生活していただくために、福島県の母児支援体制の整備に繋げていくことができればと考えております。本調査に対して、何卒ご理解いただければ幸甚に存じます。