「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです






甲状腺検査の目的はなんですか。

チェルノブイリ原発事故後に明らかになった健康被害として、放射性ヨウ素の内部被ばくによる小児甲状腺がんがありました。そこで、平成23年10月に原発事故時0歳から概ね18歳までの福島県民の皆様を対象に甲状腺検査が始まりました。

福島県においては、チェルノブイリに比べて放射性ヨウ素の被ばく線量が低いと推定されており、放射線の影響は考えにくいとされていますが(下記URL参照)、子どもたちの甲状腺の状態を把握し、健康を長期に見守ることを目的に検査をしています。この検査は、一人一人の甲状腺の状態を長期にわたり観察し、健康な生活を送るための支援につなげ、将来的な健康影響についての調査に役立てるものです。

http://fukushima-mimamori.jp/qanda/thyroid-examination/thyroid-exam-other/000029.html