「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです




平成29年度調査オンライン回答はこちらからgtgt
妊産婦に関する調査
こころの健康度・生活習慣に関する調査


「のう胞」、「結節」とはなんですか。

●のう胞
「中に液体がたまった袋状のもの」です。健康な方にも見つかることの多い良性のものです。
のう胞の中は液体成分であり、がんに変わることはありません。数やサイズが頻繁に変わり、多くの方が複数ののう胞を持っています。
のう胞は、乳幼児期は少なく、学童期~中高生に多く見られることが分かってきています。

のう胞

のう胞は上の図のように 複数ある場合が多いです。
(矢印で示す黒く映っているところがのう胞)

●結節
「しこり」とも呼ばれ、甲状腺の「細胞が変化したもの」です。
結節には良性と悪性(がん)があり、多くは良性です。なお、5.0mm以下はA2判定としていましたが、二次検査を受けたほうが良いと判断された場合はB判定としています。

結節

上の図の丸で囲んだがところが結節

●のう胞の中にしこりがある場合は?
のう胞の中に中身が詰まったしこりの部分(充実部分)がある「充実部分を伴うのう胞」といわれるものは、この検査では全て結節扱いとしています。
下図のような場合、のう胞中にあるしこりではなく、しこりを含むのう胞全体の大きさを記録します。10mmののう胞の中に5mmのしこりが認められる場合、「10mmの結節」と見なします。(5.1mmを超えているため)B判定となります。