「県民健康調査」の情報をご提供するサイトです





県民健康調査の「基本調査」とは?

基本調査問診票と返信用封筒

県民健康調査の「基本調査」は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、空間線量が最も高かった時期の放射線による外部被ばく線量を推計するため、全県民の皆さまを対象に実施するものです。

これは、問診票に皆さまの2011年(平成23年)3月11日~2011年(平成23年)7月11日までの期間中、「いつ」「どこに」「どのくらいいたか」などをご記入いただくことにより、外部被ばく線量を推計するものです。

家計簿や日記、携帯電話のメールなどを見返したり、ご家族やご一緒に行動された方々とご相談されるなどして、当時のことを思い出していただき、お手元の問診票にご記入の上、同封の返信用封筒でご返送くださいますようお願いいたします。

お手数をおかけしますが、ご記入いただくことが、皆さまの健康を見守る土台になります。十分にご理解いただき、ご記入をお願いいたします。

結果は、皆さまお一人お一人にお知らせいたします。