福島県「県民健康調査」報告について

ごあいさつ

パンフレット表紙

クリックするとパンフレットのPDFを表示します

皆さまには日頃より「県民健康調査」へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

福島県では、東日本大震災に伴う、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故による放射線の影響を踏まえ、県民の皆さまのこころとからだの健康状態を長期にわたり把握し、疾病の予防や早期発見・早期治療につなげ、将来にわたる県民の健康維持・増進を図ることを目的に、平成23年6月より「県民健康調査」を実施しております。

本調査は、県内で唯一の医科大学である本学が県から委託を受けて学内に県民健康調査の実施組織である「放射線医学県民健康管理センター」を設立し、調査に当たっています。県民健康調査の実施には、有識者で構成する福島県「県民健康調査」検討委員会の助言を得ながら、福島県と一体となり推進しています。

この報告書は、空間線量が最も高かった時期の放射線による外部被ばく線量を推計する「基本調査」と、詳細調査と位置づけている4調査(「健康診査」「甲状腺検査」「こころの健康度・生活習慣に関する調査」「妊産婦に関する調査」)に関して、「県民健康調査」検討委員会に報告してきた調査結果の概要を、できるだけ分かりやすくまとめたものです。

放射線医学県民健康管理センターは、各分野における国内外の大学や研究機関、行政機関をはじめ、国際機関や学術団体の協力と支援をいただきながら、福島県民の皆さまの健康増進に貢献できるよう、努力してまいります。

何とぞ、今後とも県民健康調査へのご協力をよろしくお願い申し上げます。

公立大学法人 福島県立医科大学
放射線医学県民健康管理センター
センター長 神谷研二