甲状腺検査とは

県民健康調査の「甲状腺検査」とは?

チェルノブイリ原発事故後に明らかになった放射線による健康被害として、放射性ヨウ素の内部被ばくによる小児の甲状腺がんが報告されています。

福島県においては、チェルノブイリに比べて放射性ヨウ素の被ばく線量が低く、放射線の影響は考えにくいとされていますが、子どもたちの甲状腺の状態を把握し、健康を長期に見守ることを目的に甲状腺検査を実施しています。この検査は、平成23年10月から始まり、今後も継続的に実施する予定です。

平成26年度以降は、本格検査として、2回目以降の検査を行っています。3回目の検査以降は、検査対象者が20歳を超えるまでは2年ごと、それ以降は25歳、30歳等、5歳ごとの節目に検査を行っています。(※福島県内にお住まいの方だけでなく、福島県外に転居されている方も対象になります。)

お生まれの年月日によって、2年ごとに検査をする方と、5年ごとの節目の年齢に検査をする方がいらっしゃるため、ご自身の生年月日を入力すると、検査(受診)年度を表示する「受診年度を調べる」ページを設置しております。

平成23年3月11日~平成24年4月1日までに生まれたお子様も対象となります。(母親の居住地等の要件があります。)お心当たりの方は、ページ下部のコールセンターまでお問い合わせください。

対象となる方
  • 平成4年4月2日~平成24年4月1日の間に、福島県内で生まれた方

検査スケジュール

検査区分 期間 対象者
検査1回目
<終了しました>

先行検査

甲状腺の状態を把握するため実施

平成23年10月~平成26年3月 震災時福島県にお住まいで、概ね18歳以下であった方(平成4年4月2日~平成23年4月1日生まれの方)
検査2回目
検査3回目
<終了しました>

本格検査

先行検査と比較するため実施

平成26年4月~平成30年3月 平成4年4月2日~平成24年4月1日生まれの方
※20歳を超えるまでは2年ごと、25歳以降は、25歳、30歳など、5年毎の節目に検査を実施
検査4回目※1 平成30年4月~
※1対象者の年齢によっては検査3回目の方もおります。詳しくは「受診年度を調べる」をご覧ください。

平成31年度検査スケジュール

平成30年5月から「本格検査(検査4回目)」を実施しています。なお、スケジュールは現時点での案であり、今後、市町村や関係機関等との調整の結果、変更になることもあります。

検査実施場所

学校(福島県内の小・中・高・特別支援学校)のほか、福島県立医科大学と協定を結んでいる県内外の医療機関で受診いただけます。学校の夏休み・冬休み・春休み期間中には公共施設などで検査を実施しています。

検査施設の種類 学校 医療機関
県内県外
公共施設など
(一般会場)
対象 福島県内の小・中・高・特別支援学校に在籍しているの方 福島県内での学校検査や、公共施設など(一般会場)での検査を受診していない方 福島県内での学校検査や、県内外での医療機関での検査を受診していない方
実施時期など 学校単位の検査のため、震災時の学校の所在地ごとにご案内します。詳しくは平成31年度検査スケジュールをご覧ください。 随時
  • 医療機関ごとに、検査の実施日時や1日当たりの検査可能人数が異なります。
  • いずれも完全予約制です。
おもに学校の夏休み・冬休み・春休みなどの期間に実施いたします。詳しくは平成31年度検査スケジュールをご覧ください。
検査当日の結果説明について 当日の結果説明はございません。当日の説明をご希望の場合は、学校検査は受診せずに公共施設などの一般会場での検査をお申し込みください。 暫定的な結果説明を希望する旨を医療機関にお伝えください。 「説明ブース」と呼ぶ専用のスペースを設け、ご本人の当日の検査画像をお見せしながら、医師が暫定的な結果をご説明いたします。
※会場の都合等により、説明を実施できない場合もあります。
説明を希望される場合、医学専用ダイヤル※1に説明のお申し込みをお願いします。後日、本学の医師から説明のお電話を差し上げます。
※1甲状腺検査結果や甲状腺の病気に関する、医学的な質問等にお答えする、受診者・ご家族専用の相談ダイヤルを設置しております。詳しくは「医学専用ダイヤル」をご覧ください。

県内検査実施機関のご案内

なお、各検査実施機関での検査(完全予約制)については、以下のような場合に対応が可能です。

県内検査実施機関対応ケース

県内検査実施機関での検査を受診するまでの流れ

  1. ページ下部のコールセンターにお電話にてお問い合わせください。
    • 「検査同意確認書兼問診票」のご記入、及びご返送の確認を行います。「検査同意確認書兼問診票」が返送された方について、ご予約を福島県立医科大学にて行いますので、各検査実施機関への直接のご連絡はご遠慮ください。
    • 検査実施機関によって検査可能日時・人数が異なりますので、ご希望に添えない場合がございます。
  2. 福島県立医科大学より「甲状腺検査受診票」をお送りします。
    • 日程調整後に、福島県立医科大学から検査日時、検査場所等が記載された「甲状腺検査受診票」をお送りします。
    • 「甲状腺検査受診票」に記載の日程でご都合が悪い場合は、ページ下部のコールセンターまでご連絡ください。
    • 検査実施機関の都合により、検査日程の予約後にも日程の変更が生じる場合がございます。
  3. 予約日に希望された検査実施機関にて受診します。
    • 検査実施機関によって、当日の混雑状況により待ち時間が長くなることがあります。
    • 検査は無料で受けられますが、移動にかかる交通費等(駐車場代も含む)は各自ご負担願います。

実施方法

甲状腺検査は、福島県立医科大学と、福島県内外の医療機関などが連携して実施します。検査は、ゼリーをつけた器具(2cm×5cm程度)を首に当てて、超音波で甲状腺の状態を調べます。検査時間は、数分程度です。一次検査、二次検査など、検査全体の流れは下記図をご覧ください。

検査のお知らせ

対象者の方へ郵送する「甲状腺検査のお知らせ」「甲状腺検査(一次検査)同意確認書兼問診票」は、下記よりダウンロードできます。紛失の際は、「甲状腺検査(一次検査)同意確認書兼問診票」を両面印刷してご記入の上、ご返送ください。

  • 「甲状腺検査(一次検査)同意確認書兼問診票」の記載に際し、【☐同意します・☐同意しません】のチェック漏れや保護者氏名の記載(対象者が未成年の場合)漏れなどが見受けられますので、ご注意ください。(検査のお知らせに同封の「受診の手引き」を参照のうえ、ご記入ください。)
    なお、これらの記載漏れがあった場合でも、【☐同意しません】にチェックがされている場合を除き、基本的に検査に同意(検査で得られたデータの利用等を含む)したものとして取り扱ったうえで、記載漏れについては、再度、お問い合わせすることがあります。

検査のお知らせの発送、各種ご案内の時期については、下記のPDFをご覧ください。

検査のお知らせが届かない方へ

甲状腺検査は、検査の間隔が長いため、その間、進学や就職等で転居される検査対象者の方も多いかと思います。
住所の変更が未了の場合、お知らせ等をお届けできない場合もございますので、転居の際は、住所変更の手続きを忘れずにお願いします。
また、平成23年3月11日~平成24年4月1日までに生まれたお子様も母親の居住地等の要件がありますが、検査の対象となります。

お問い合わせ

福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター

〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地

  • おかけ間違えのないようにご注意ください。
  • メールでのお問い合わせは、お返事を差し上げるまでに数日いただく場合がございます。
  • 医師、医師が所属する講座への直接のお問い合わせはご遠慮ください。