検査のメリット・デメリット

表紙

※小学生向け、中学生向けの説明文も掲載しています。

超音波診断装置(エコー)を用いた甲状腺検査は、メリットとデメリットの両面があります。
甲状腺検査を受診するメリットとして、検査の結果、問題がなければ放射線の健康影響を心配されている方の安心につながること、治療が必要な変化が発見されれば早期診断・早期治療につながる可能性があります。
一方、デメリットとして考えられることは、一生気づかずに過ごすかもしれない無害の甲状腺がんを診断・治療する可能性や、治療に伴う合併症が発生する可能性や結節(しこり)やのう胞が発見されることにより、不安につながることなどが考えられます。
甲状腺検査は任意の検査です。受診するかどうかをご判断いただくために、「検査のメリット・デメリット」を詳しく説明する小冊子をご覧ください。また、その内容を動画でご覧いただけます。

解説動画

甲状腺検査の受診を希望される対象者の方へ

甲状腺検査のメリット・デメリットをご理解のうえ、検査の受診をご希望されるかどうか「甲状腺検査のお知らせ」に同封の同意確認書兼問診票をご返信にてお知らせください。同意確認書兼問診票は「甲状腺検査とは」のページよりダウンロードもできます。検査の場所、スケジュールについても、こちらのページでご確認ください。

お問い合わせ

福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター

〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地

  • おかけ間違えのないようにご注意ください。
  • メールでのお問い合わせは、お返事を差し上げるまでに数日いただく場合がございます。
  • 医師、医師が所属する講座への直接のお問い合わせはご遠慮ください。