健康診査とは

県民健康調査の「健康診査」とは?

東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所事故により、多くの県民の皆さまが、突然避難を余儀なくされ、これまでとはまったく異なる日常生活を送らざるを得ない状況にありました。

それに伴い、食生活や運動習慣などの生活習慣にも大きな変化があったり、健康診査も受けることができなくなったりして、ご自分の健康に不安を抱えている方も多いかと思われます。

福島県では、県民の皆さまの健康管理を図るために、長引く避難生活や放射線への不安などが健康に及ぼす影響の調査のみならず、健康状態を把握し、生活習慣病の予防や疾病の早期発見、早期治療につなげていくことが必要であると考え、平成23年時の警戒区域等、避難区域に指定された市町村(以下「避難区域等」)の方々について、健康診査を実施することにしました。

対象となるのは、避難区域等の住民の方、および「基本調査」の結果、健康診査が必要と認められた方です。

健康診査の項目は、年齢によって異なります。

年齢区分 健診項目
0歳〜6歳
(就学前乳幼児)
  • 身長
  • 体重
[希望がある場合のみ]
  • 血算(赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、血小板数、白血球数、白血球分画)
7歳〜15歳
(小学校1年生〜中学校3年生)
  • 身長
  • 体重
  • 血圧
  • 血算(赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、血小板数、白血球数、白血球分画)
[希望による追加項目]
  • 血液生化学(AST、ALT、γ-GT、TG、HDL-C、LDL-C、HbA1c、血糖、血清クレアチニン、尿酸)
16歳以上
  • 身長
  • 体重
  • 腹囲(BMI)
  • 血圧
  • 血算(赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、血小板数、白血球数、白血球分画)
  • 尿検査(尿蛋白、尿糖、尿潜血
  • 血液生化学(AST、ALT、γ-GT、TG、HDL-C、LDL-C、HbA1c、血糖、血清クレアチニン、eGFR、尿酸

赤文字部分は、通常、特定健康診査では検査しない追加項目


注:田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、 浪江町、葛尾村、飯舘村の全域、および伊達市の一部(特定避難勧奨地点の属する区域)

対象となる方
  • 避難区域等の住民の方
  • 基本調査」の結果、健康診査が必要と認められた方

「健診は体の通信簿」のご案内

県民健康管理センターでは、福島県から委託を受け「県民健康調査」健康診査を実施しておりますが、このたび、より多くの皆様に健康診査の意義をご理解いただき、受診いただくために、パンフレット「健診は体の通信簿」を作製いたしました。

このパンフレットは、県民の皆様お一人お一人が自らの健康を保持増進するための契機となる情報を取りまとめた内容で、福島県の健康に関する統計データ、健康診査の代表的な項目についての解説、健康促進に役立つコラムなどで構成しております。各ページにはマンガを取り入れ、マンガの主人公である「福田一家(福島在住)」と一緒に、気軽に「健康診査」について学べる内容となっております。

パンフレットは、「E-BOOK」または「PDF」にてご覧いただけます。なお、PDFは全32頁一括ダウンロードの他に、各項目単位での個別ダウンロードもできます。ご自身の関心のある項目について是非ご覧ください。

「E-BOOK」

PDFダウンロード

「健診は体の通信簿」番外編リーフレット

お問い合わせ

福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター

〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地

  • おかけ間違えのないようにご注意ください。
  • メールでのお問い合わせは、お返事を差し上げるまでに数日いただく場合がございます。
  • 医師、医師が所属する講座への直接のお問い合わせはご遠慮ください。