「のう胞」と「結節」とは

甲状腺検査の結果は主に「のう胞」と「結節」の有無や大きさによって判断します。ここでは、「のう胞」と「結節」の特徴と結果の考え方についてお伝えします。

のう胞

のう胞は「中に液体がたまった袋状のもの」で、健康な方にも見つかることの多い良性のものです。のう胞の中は液体だけで細胞がないため、がんになることはありません。数や大きさは頻繁に変わり、多くの方が複数ののう胞を持っています。これまでの検査から、のう胞は乳幼児期に少なく、小学生や中高生には多く見られることが分かってきています。
のう胞は良性のものですが、20.1mm以上になっている場合は、食べ物を飲み込みにくいなどの症状が出ることがあるため、二次検査の受診をお勧めしています。

のう胞

のう胞は上の図のように複数ある場合が多い。
(矢印で示す黒く映っているところがのう胞)

のう胞の判定基準

のう胞の判定基準
複数ののう胞がある場合は、一番大きいもので判断します。

結節

結節は「しこり」とも呼ばれ、甲状腺の細胞の密度が変化したものです。結節には良性と悪性(がん)があり、多くは良性です。5.1mm以上の結節は精密検査にあたる二次検査の受診をお勧めします。なお、5.0mm以下でも二次検査を受けたほうが良いと判断された場合はB判定としています。

結節

上の図の丸で囲んだところが結節

結節の判定基準

結節の判定基準

のう胞の中に結節(しこり)がある場合は?

のう胞の中に中身が詰まった結節の部分(充実部分)がある「充実部分を伴うのう胞」といわれるものは、この検査では全て結節扱いとしています。
図のような場合、のう胞中にある結節ではなく、結節を含むのう胞全体の大きさを記録します。10mmののう胞の中に5mmの結節が認められる場合、「10mmの結節」と見なします。

お問い合わせ

福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター

〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地

  • おかけ間違えのないようにご注意ください。
  • メールでのお問い合わせは、お返事を差し上げるまでに数日いただく場合がございます。
  • 医師、医師が所属する講座への直接のお問い合わせはご遠慮ください。